バルセロナ、「テア・シュテーゲンの後釜候補」5名

横型ブラインド 2022-03-25 16583 0

バルセロナ、「テア・シュテーゲンの後釜候補」5名

    バルセロナ、「テア・シュテーゲンの後釜候補」5名現在バルセロナで守護神を務めているマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。ただこのところはややパフォーマンスを落としていると評価されている。そのため、色々なメディアで新しいゴールキーパーの候補が伝えられ

バルセロナ、「テア・シュテーゲンの後釜候補」5名

    

バルセロナ、「テア・シュテーゲンの後釜候補」5名

写真拡大 (全6枚)

現在バルセロナで守護神を務めているマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。

    ただこのところはややパフォーマンスを落としていると評価されている。

    

そのため、色々なメディアで新しいゴールキーパーの候補が伝えられてきたのだが…今回は『Sportskeeda』からその候補5名をご紹介する。

    

アルバン・ラフォン

クラブ:ナント

ムンド・デポルティーボは今年の初めに「バルセロナがアルバン・ラフォンに興味を持っている」と報告していた。

    彼は現在ナントでキャプテンを務めている23歳のゴールキーパーだ。

    

10代での天才GKとしてトゥールーズの守護神となった彼は、当時「世界最高クラスのタレントである」と評価されたものの、フィオレンティーナでは今ひとつだった。

    しかし2019年にローンで加入したナントでは再びその価値を示しており、しかもまだ1000万ユーロほどで買えると考えられている。

    

マールテン・ヴァンデフォールト

クラブ:ヘンク

伊東純也が所属しているヘンクで守護神を務めているヴァンデフォールトは、まだ20歳の若手キーパーだ。

    しかし17歳と9ヶ月でデビューしており、すでに68試合に出場するなど経験も豊かである。

    

ムンド・デポルティーボは、2023年にヘンクとの契約が満了になるヴァンデフォールトに対して「バルセロナが強く興味を示している」と書いていた。

    若さは懸念ではあるものの、年齢を考えればテア・シュテーゲンのサブという立場もしばらくは受け入れるかもしれない。

    

ストール・ディミトリエフスキ

クラブ:ラージョ

ディミトリエフスキの出身地であるマケドニアのメディアによれば、彼はすでにバルセロナとの交渉を行っており、個人的な条件については同意しているとも言われている。

    

すでに28歳という年齢ではあるが、ラージョに加入した2018年からずっとリーガで活躍を見せている。

    あのルカ・ジダンにポジションを明け渡すことなく、一貫性あるプレーが出せている。

    テア・シュテーゲンに代わる選手になれるかはわからないが、サブとして彼と競争できる存在としてもいい仕事ができるオプションだろう。

    

ヤシン・ブヌ

クラブ:セビージャ

おそらくバルセロナのファンには最も人気があるオプションになるだろう。

    セビージャでポジションを確保している30歳のモロッコ代表GKは、2019年にジローナから加入して以来96試合で50回のクリーンシートを達成している。

    

メディアでは一時期有力視されていたターゲットであったが、最近の記者会見でブヌ自身がバルセロナ移籍の噂について否定していたため、まだ話があるわけではないようだ。

    

イラン・メリエ

クラブ:リーズ・ユナイテッド

イラン・メリエはまだ22歳のフランス人GKであり、ときに奇妙なミスも犯すことがあるが、非常に才能あるショットストッパーである。

    痩身の体から見せる驚異的なセービングでスタジアムを沸かせられる選手だ。

    

21世紀に「最も過小評価されたウインガー」5名

Planeta Barcaによれば、バルセロナのニュースを専門的に扱う記者が「チャビ・エルナンデス監督がイラン・メリエに関心を持っている」と伝えているという。

    プレミアリーグの選手であるため安くはないが、チームがもし降格するようであれば…。

    

评论留言

最新评论